--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.14 *Sun

品評会感想その2

前記事の続きです。

投下期間終了ということで、ひとまずお疲れさまでした。
今日の20時より、速チャで感想会があります。
投下された方は出来るだけ参加してくださいね。

感想は続きから。
例によって批評・ネタバレ含みます。
自動販売機中毒症のようです

感情がお金で買うものになった世界での話。
設定自体も良く考えられてはいるものの、なによりもヒッキーのキャラクターが目を惹く。
いわゆる負の感情(作中では冷たいとも)を愛し、それに溺れていく彼。
それはどこかナルシスティックな自虐にも思える。
文章も読みやすく、ヒッキ―の心に巣食う黒い何かが見えてくるようだった。
小さな世界観でまとまり過ぎてるので好き嫌いを誘発しかねないが、それもまた個性か。

ドクオと妹のようです。

ドクオとハイン、正反対の性格を持った兄妹の話。
話的には奇を衒ったところはなし、直球勝負。
ラノベ的な文章は若干肌に合わず。誤字が残念だった。
ブーン系にはいろんなAAがいるけど、ドクオの笑顔よりキモいのは無いと思います。

ξ゚⊿゚)ξ環状線のようです(^ω^ )

電車を待つツンと、その電車に乗っているブーンの話。
ここまでの作品中、『まとまり』という意味では一番ではないだろうか。
同じような文章を視点を変えて繰り返すことにより、互いの距離の遠さを上手く表現している。
丁寧に書かれているのだが、そこにプラスアルファが欲しかった。
アプローチ自体は良かっただけに、まとまりすぎの感があるのが残念です。

('A`)水道水のようです川 ゚ -゚)

思いの溶け込んだ水道水の話。
水道水をキ―アイテムに用いるというアイデアは良かった。
が、その一点のみ、という印象になってしまったようにも思える。
思慕というものに対する説明も後出し気味で消化不良。
最後の一文に重みを出すのなら、ドクオとクーのやりとりはもう少し変えた方が良かったかも。

(´・ω・`) I like kid.のようです

タイトル通り。シュールギャグにおけるショボンのキャラが全開。
これはもう読んで感じてください、それはもうボディランゲージのごとく。

別れ話のようです

エンドルフィンに屈さないツンの話。
最初の一レスでギャグ調かと思いきや意外な結末に。
5レスの使い方が非常に上手かった。
ただの引きつけに使ったと思われた導入部を終盤に絡める辺りに上手さを感じる。
こういう風にスッと展開されるとビックリしますね。

感情は人を繋ぐようです

泣いているクー、困っているドクオ、怒っているツンの話。
ちょっと文章の中に拙さを感じたかなあ……。
全体的な流れにもぎこちなさが散見される。
締めの良いこと言ってるっぽいのもちょっと共感出来なかった。
ところどころ理解できていないので、読み返すと何かに気づくかも知れない。

( ^ω^)の会社の車はブレーキが壊れたようです

テラT○Y○TAwwwwwwwな話。
これは素直に称賛を贈りたい。作者、あんた馬鹿だろw
全体的に高いテンションで繰り広げられる会話がなんとも小気味良い。
お題の無理やりなねじ込み方にも笑った。
上質なギャグです。

悲しみの杖のようです

妻を亡くし、娘と暮らす荒巻の話。
老人を主人公に据え、書きにくいテーマを上手く消化した印象。
老いやそれに追従する不安感などが伝わってくる話だった。
悲しみを杖にして、という表現が美しかった。
三点リーダとクーの口調・性格に違和感があるので、他作品を読み込みましょう。

透き通っているようです

痩せこけているドクオと、その友人であるブーンの話。
この二人が何者かは分からないが、会話を見る限り彼らは人間を食すようだ。
いや、人間の纏う『何か』かも知れないが、それは不確かである。
昔の説話にでもありそうな話だった。
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © のんべんだらだらブーン系雑記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。